FC2ブログ

04/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./06

淨心庵献立表です 


2013.08.27 Tue 10:20

淨心庵、何をつくってきたか

2011.7.10
庄内豚バジルソース焼き(焼きズッキーニ添え)
淡竹と三角厚揚げ(定義)煮物
かぶときゅうりの浅漬け
うど酢味噌和え
いんげん胡麻和え
青菜煮
ふきのとう、かんぞう、ニセアカシアのピクルス
味噌汁(ふき、みず、わらび)

7.18
庄内豚ときのこのソテー
わらびの一本漬け
びわの実味噌
味噌汁(みず、なす)

7.23
とりあししょうま(乾燥)とスギヒラタケ(乾燥)煮物
わらびおひたし
きゅうりとにんじんの糠漬け

7.29
ラタトゥーユ(ズッキーニ、ミニトマト、ベーコン、インゲン)
空芯菜いため
なすとわらびの出汁

7.30
ベーコンとズッキーニ、トマトのソテー インゲン添え
糠みそ(にんじん、コリンキー)
ひょう辛し和え
わらびたたき
かんぞうの花とニセアカシアのピクルス
味噌汁(みず、ふき)

8.9
乾燥筍と乾燥あんずたけの煮物
しろざのナムル
コリンキーヨーグルト和え

8.5
庄内豚バジルソース焼き、トマト、インゲン添え
きのこと乾燥筍煮物
コリンキーサラダ
なす、きゅうり、オクラ、モロヘイアの出汁
わらび一本漬け
味噌汁(みず)

8.24
庄内豚とトマト、インゲンの煮物
きのことにしん、ふきの煮物
コリンキーと紫玉葱のサラダ
なす、モロヘイア、つるむらさき、青紫蘇の出汁


9.1
ほしわらびとしいたけ、ふきの煮物
コリンキー、ズッキーニ、紫玉葱のサラダ
おくらとなすの出汁
うどの花のピクルス
冷たい味噌汁(なす、みょうが、菜の花)

9.15
乾燥きのこと乾燥わらびの煮物
みぞの実漬け
ラデッシュ梅酢漬け
紫蘇の実味噌

10.1
あけび煮
しろざ佃煮
紫蘇の実味噌煮
菊ときゅうりの酢の物

10.27
ブナハリタケ、にんじん、ごぼう、大根のいりどり
みずの実たたき

11.10
塩豚ポトフ(にんじん、大根、じゃがいも、水菜)
みずの実漬け
長いもわさび酒かすのせ
菊のおひたし

11.13
野沢菜漬け
味噌汁(あみたけ、のびる)

11.18
ぶなはりたけ大根おろし和え
春菊の胡麻和え

11.26
庄内豚とコリンキー、さつまいものポトフ
ごぼうせんべい

12.5
みようがと菊の梅酢和え

12.10
近江漬けわさび酒かす漬け
みようが梅酢漬け

2012.1.21
庄内豚(りんご)巻き

2.9
ごぼう蒲焼
小松菜のナムル
ベーコン、白菜、にんじんのポトフ
干し大根ハリハリ漬け

2.18
ジャガイモとベーコンいため
わらびの一本漬け
2.23
干し筍とぜんまいの煮物
煮きのこの大根おろし和え
長いも塩わさび和え

3.5
ごぼう三五八漬け
赤大根の酢漬け
ベーコンと青菜ソテー

4.10
甘草と玉葱、ベーコンのソテー
山にんじんの胡麻和え

4.20
かんぞうの塩麹和え
アサツキの酢味噌和え
ふきのとうのピクルス

5.16
ベーコンと菜の花、玉葱のソテー
こごみ胡麻和え
ごぼうの塩麹和え
ほうれん草のナムル
みつぱとわらびの味噌汁

5.26
長いもの若芽唐辛子醤油和え
わさびの葉漬け
せりの焼き味噌漬け
みず、あいこ漬け

6.15
みずとかぶの漬物
わさび酒かす和え
ニセアカシアのピクルス
ルッコラの胡麻和え

6.20 山椒の実収穫
甘酒シャーベットジュンベリー乗せ

7.5
わらびとみずのたたき
ふきと筍の煮物
きゅうり梅味噌和え
オカワカメとねぎの味噌汁

7.30
イタドリと厚揚げの煮物
きゅうり梅味噌のせ
とうふ塩麹漬け
ひまわりのピクルス

8.6
青梅の蜂蜜煮
みようが梅酢漬け
ジャガイモのポタージュ風味噌汁
甘酒シャーベットルバーブジャム添え
ラタトゥーユ

8.15
コリンキー辛子漬け
うどの実胡麻和え
コスモスとむくげのピクルス
とうふの味噌漬け

9.1
そばの実青じそのせ
冷凍こごみと凍み豆腐の煮物
おくら醤油の実和え
あかざの実くず仕立て(ショウガ汁入り)

9.20
枝豆塩麹和え

10.12
あけび、ベーコンと茄子詰め
きゅうりと大根、あけびの実漬け
ごぼうの味噌漬け

10.25
あけびの皮味噌炒め

11.20
ラタトゥーユ(干しズッキーニ、冷凍トマト、玉葱、ベーコン、いんげん)

2013.1.5
おくら(冷凍)醤油の実和え
わらびたたき(塩蔵)みそ、海苔和え

2.1
ベーコンとジャガイモソテー(塩バジル)



category: 淨心庵

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

自給はするけど、自足はしません 


2013.08.24 Sat 19:58

 自給はいいけど、自足は自ら完結して閉じてしまう。どうせなら、みなさんにおすそ分けしたいし、されたいもの。この1年間の自給生活を振り返ります。
 何といっても発酵(醸造)生活の毎日です。自家製糀(米の花という漢字、いいですね)でどぶろく、甘酒、味噌(豆と糀と塩の割合を変えて、いろんな味噌を作った)、味醂、三五八漬け、唐辛子糀、醤油の実などを作って遊んでいます。醤油の実で茹で野菜を合えると、ばっちりです。残念ながら醤油作りは難しくてやっていません。現在はどぶろくから米酢を醸造中。今度は黒酢に挑戦します。柿酢はとっても美味しくできました。
 それと、梅を使って梅ジュース、カリカリ梅、もちろん梅干、そして圧巻は梅味噌!、野菜にこれをつけて食べると幸せになります。
 後は干し物全般。夏はズッキーニとトマト干し、冬は薪ストーブの火力を利用してりんごのドライフルーツづくり。
 我ながらよくやっているのは畑。10m×30mの荒地をスコップで開墾し、遺伝子組み換えなしの固定種で野菜を育てています。とにかくいろんな野菜の種をまく。何が立派に育つのか、やってみなくちゃわからない。春は菜の花、小松菜、サンチェ、レタス、にんじん、たまねぎ、にんにく、大根、春菊、ほうれん草など、現在はきゅうり、とまと(やっと熟し始めた)、ナス、いんげんなど、秋は白菜と大根、冬に備えて発泡スチロールに水菜とほうれん草を栽培し、温室(のようなものを作った)で育てるつもり。
 9月に入ればキノコの季節。今年もオオイチョウダケと白しめじで1年分を採るつもり。やることだけが一杯あって、まあ幸せなことです。次回は何を作ってきたか、月別献立編になります。といっても、まとめておいたのをコピペするだけですが。
 最後にお知らせ、淨心庵山形(要するに自宅)の営業許可が近日中に保健所から下りそうです。

category: 食材

thread: 雑記

janre: 日記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

1年2ヶ月ぶりです 


2013.08.05 Mon 16:36

 ずいぶんご無沙汰いたしました。
 このブログは息子のところへ文章をメールで送り、息子がブログにアップする、というシステムで、面倒だったのですね。息子もめんどくさがりまして、1年2ヶ月の空白を生んでしまいました。
 そして、昨日、その息子が2年ぶりに帰ってきたので、ブログのアップの仕方を教えてもらいました。私の初アップ文章になります。
 この間、何をしていたかはおいおい思い出しながらアップします。昨日からはフェイスブックも始めたので、その日の出来事はそちらにちょこっと書いておきます。
 そんなわけで、この文章、無事アップできるでしょうか。

category: 未分類

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

軽トラで自然を楽しむ 


2012.06.11 Mon 23:05

 軽トラをゲットした。

 淨心庵を度々利用してくださるSさん。4月初めにいらした時、「果樹の剪定枝くれる人いませんか?燻製で使いたいんだけど・・・。」と頼んでおいたところ、一人の方を紹介してくれた。現地を見に行ったところ、私のプリウスではどうも無理みたいだ。そうこうしている内に5月になった。Sさんから「早く持って行って、て言われたよ。家の軽トラ使っていいから。」とのこと。Sさんちに行くと軽トラは殆ど使っていないらしい。「もうじき車検だし、どうしようかな」とおっしゃるので、「あのう、お使いになってないのなら、譲ってもらえませんか?」とおずおずと尋ねると「いいよ。」とのこと、やったね。○○万円でゲット、平成元年登録のホンダアクティ4WDです。5万キロちょいしか走っていない。

 6月1日金曜日、アクティ君との走り初めをした。行き先は船形山。この日予約を下さったOさん、ごめんなさい、断ってしまって。 

 快晴、柳沢小屋からさらに奥へと軽トラは軽快に走る。船形山は残雪が多く、雪渓渡りも結構あった。同行Iさんはコシアブラ採り、私はタケノコ採り。標高1300メートルあたりまでできたのだから、船形山はコシアブラ山だ。最後の急な登りに入る前に昼食。いやあ、うまいね。おかずは5月中旬から始めたロッカー燻製チキン。最後の急登、周りは山桜の群生。強風で腰の曲がった山桜は大人の背丈ほど。ここで花見ができるなんて想像しなかった。山岳ガイドブックによると船形山は中級者クラスの山とのこと。最後の登りはきつかった。船形山は標高1500メートル、山形県側では御所山と言う。もともとは五所山、山岳信仰で昔は大層賑わったらしい。その信仰の山が五つあるから、五所山。3時半過ぎに頂上到着。四方の山々をデジカメで撮影。雷が鳴ってきたのでさっさと下山した。帰りはまたまたコシアブラとタケノコ採りに励む。雪渓脇で岩だら(ヤマブキショウマ)を大量にゲットした。船形山は全山ブナの森。行き帰りに私が注目したのはブナの倒木。だって、秋には天然ナメコにブナハリタケが私を待っている・・かも知れない。軽トラ最終地点から粟畑十字路まで約30分。要するにここら辺りまでが茸ゲットルートになるのかな。

 さて、軽トラで次はどこに?

201206111
宮城県側からは船底の形をしているから船形山。

201206112
大木になったコシアブラがあちこちに。

category: 淨心庵

trackback(0) | comment(2) | 記事編集

go page top

淨心庵・冬の仕事 


2012.03.25 Sun 13:43

 今日は春分の日。今年の冬は雪との戦いだった。そんな中、新しい冬の仕事をいくつか始めてみた。

1 干し物づくり
 テラスの薪ストーブは暖房だけではもったいない。そこで、りんごを主体に干し果物づくりをせっせと行った。だいたい1日半で完成する。これを冷凍庫に保管している。貯まっていく度に、金もちになった気分がする。ちっちゃい子どもさんが好んで食べることもわかった。自宅の薪ストーブではジャーキー作りもやってみたが、家中が臭くなったので1回だけで止めた。
 ラフランスやバナナも美味しい。チーズとあわせるとばっちりです。

2 どぶろく作り(個人の愉しみ)と副産物利用
 もともとは甘酒から始まった。甘酒は冷凍庫で保管。糖度が高いので凍ら
ずにシャーベット状態になる。甘酒シャーベットの完成。これはなかなかです。天童市にある産直「トマト」では米麹が800グラム525円と破格の安さなので、どぶろくづくりにも夢中になった。だいたい1週間で完成する。アルコール度数計が欲しいところだ。どぶろくを仕込んだら半日コタツの中に入れる。発酵具合を確かめてから、後はストーブの入っていない部屋に置き、朝晩かき混ぜる。これだけ。発酵させすぎて酸っぱくなったのはそのまま広口瓶に入れてある。2~3ヵ月後には米酢ができ上がる予定なんだけど、ほんとかな?
 どぶろく粕をうちでは入浴剤代わりに使っている。ぽかぽか体があったま
ります。味噌汁に入れても美味です。2月に入り、わさびも手に入るようになったので、わさびとどぶろく粕を合わせて「わさび漬けの素」を作っています。長芋と合えたり、刺身に付けたりとなかなかの活躍です。

3 今年のお茶と飲み物
 規格外りんごを安く購入して、干し物以外ではりんご酢とりんごシロップを作っている。これらをブレンド、炭酸で割って飲むのはどうでしょう。炭酸で思い出したが、松の葉や杉の葉を水につけておくと炭酸が発生するらしい。これは春の仕事ですね。今年はびわ茶以外に野草を陰干しにしてブレンド茶を作ってみます。固定種による畑仕事も待っているしね。昨日は薪ストーブから出た灰を畑に撒きました。早く雪が解けるよう祈りながら。この灰はわらびやぜんまいの灰汁抜きに使います。こうしてみると無駄なものはないですね。

 春が楽しみです。

干し物

category: 淨心庵

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top